会社設立手続きとその後とお金の事。

会社の設立に関して相談をしたい。株式会社として設立する以外にも、合同会社、合資会社などの他の会社設立と事業とのマッチング具合についても相談したい。また、M&Aでの事業の譲り受けをする場合に譲り受ける際に会社として必要な手続きなども相談をしていきたい。今後はM&Aで会社の事業を拡大・成長させていこうと考えているため。その場合には、株式会社であることが前提になるのか、それとも他の会社形態でも事業の譲り受けが可能なのかどうか。また、会社を他の会社から買収されることを避けるための手段として敵対駅買収防衛策があるが、これらについての具体的な設定方法を会社設立時点から検討しておきたい。

また、株式会社以外の会社形態の場合には資金調達はどのように違うのか、構成員(社員)との関係はどのようになるのか、総会などで決算報告などは必要なのか、税金などの支払い義務はどうなっているのかなどの税法制度も視野に入れたアドバイスを求めたい。

労使関係においても、コンプライアンスとして退社・退職後も当社で知り得た様々な秘密情報を秘匿させておきたいが、それは可能なのか。可能であるとして、どの程度のケースで許容されるものなのか。

仮に永続的に秘密にしておいてもらうように労使関協定を結んだ場合に、その協定は有効なのか。

以上についてアドバイスをもらいたいです。

ちなみに個人で借金に困った時は、任意整理や自己破産などを行って立て直す方法があります。
参考:http://xn--3kqp1grpo2bky7a4zdk3k0olc20e.biz/

法人の場合は、また少し違うので会社で失敗しても個人は生き残るようにちゃんと組織を作っておくのも大事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です